不要家電も無料回収

要らない電化製品や大型の機材など、無料で回収してもらえると大助かり!!

「バイクと一緒に要らない家電も引き取って欲しい」

「バイクはないけど、もう使えないデジカメや古いプリンターなど処分したいものが沢山あって・・・」

というご要望に応えるべく、新たに回収させて頂く枠を大幅に拡大致しました。

 

「業務用の大きな機器でも回収してくれるのかな?」

というご質問も頂戴しますが、オフィスで使用されるパソコンをはじめ、農機具まで対応可能ですのでご心配は無用です。

会社で採用するOA機器の見直しによる交換後の不要パソコンやエアコン等、複数台一斉に処分をご希望の際にも、お問い合わせください。

但しサイズの大きな製品や、重量物に関しましては、それに応じた人員や車両の手配が必要となる為、事前にお問い合わせ頂きます様お願い致します。

 

【無料回収が可能な電化製品の一例】

音楽機材 車いす 耕運機 その他農機具
コンプレッサー エンジン 発電機 OA機器
船外機 工業用ミシン 業務用エアコン その他機器

エアコンの取り外し費用もセットになった無料のうれしいサービス

通常エアコン機器等の取り外しについては、出張料や作業料などで相場として¥5,000~¥8,000くらいかかってしまうもの。

故障したまま放りっぱなしになったエアコンなどがあっても、

「古くて使えないエアコンがあるけど、回収してもらうにも取り外しが必要だから・・・」

という方を対象に、取り外し費用も無料での回収サービスを展開中ですので、お気軽にご相談ください。

※取り付け、設置のサービスは対象外となりますので、予めご了承ください。

 

ご家庭内の故障した家電でもOK

またご家庭内におきましても、一部の製品を除いてほとんどの電化製品を対象にしております為、大変便利になりました。

環境に配慮したリサイクルが奨励される社会となり、自治体のゴミ出しルールもエリアによって異なったり、その処分方法にも複雑で、面倒な手続きが必要になったりするもの。

そんな煩わしい手間を少しでも減らしていけるよう、便利なサービスをご提供いたします。

以下リストアップしております製品は、サービスエリア内であれば、すべての回収費用は¥0

完全無料でご利用頂けますので、電話やメール一本で解決する事が可能です。

 

【無料回収が可能な家庭用製品】

カメラ デジタルカメラ ビデオカメラ ビデオデッキ
DVDプレーヤー CDプレーヤー ラジカセ ミニコンポ
ステレオ ギター キーボード その他楽器類
アンプ スピーカー カーステレオ カーナビ
パソコン ノートパソコン ワープロ シュレッダー
ミシン 編み機 電話機 携帯電話
充電器 ファックス プリンター プレイステーション
wii その他ゲーム機 掃除機 扇風機
加湿器 除湿器 乾燥機 空気清浄機
エアコン 窓用エアコン 湯沸し器 ストーブ
ファンヒーター 電子レンジ トースター オーブン
ガスコンロ 食器乾燥機 フライパン・鍋類 ホットプレート
炊飯器 ベビーカー 医療器具 アイロン
ドライヤー 電気工具 無線機 電線・コード類
バッテリー アルミホイール 金庫 マウンテンバイク

※回収スケジュールは相談の上、調整させて頂きます(ご不在でもOK)。

※以下製品は無料回収の対象外となります。

  • ブラウン管テレビ
  • 液晶(薄型)テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • ピアノ
  • 木製品(一部木材が使用された家電製品)
  • 電気カーペット
  • こたつ

※エレベーター設備のない施設内での運搬作業が伴う場合は、作業費(¥3,000/階)が別途発生致しますので予めご了承ください。

 

ココが怪しい?! こんな悪徳業者にはご注意を

無料回収と謳いつつ、何かと理由を付けて”費用と称し不当な請求を行う業者”が存在します。

1. スピーカーで大音量の流し営業

家の中のテレビの音が聞こえない程、大きなボリュームで無料回収を呼び掛ける回収業者。

これってマナーの上でも褒められたもんじゃありませんね。

こういう業者から、回収対象の製品を積み込んだ後で

「それでは¥〇〇になります」

などと請求されるケースがあります。

2. いきなりのインターホン!! 飛び込み営業

呼んでもいないのにいきなり自宅に現れる業者

どうみてもまっとうなアプローチ方法ではありませんので、相手にしない事が賢明です。

 

またこれらの業者は、不法投棄などの点においても問題ですので、くれぐれもご注意ください。

 

再度申し上げます。

当HP上でご案内している対象製品の回収に関する費用は、全て¥0で回収させて頂いておりますのでご安心ください。

※対象外製品、サービスエリア外、エスカレーターが利用できない階段のみの施設などの例外事項に関しては、注意事項をご覧頂くか、直接お問い合わせくださいませ。

 

コメントは受け付けていません。