オートバイの未来はどうなるの? 【HONDA編】

アシモがバイクになる日

日本を代表するバイクメーカーの一つである本田技研工業が、あの歩行ロボットASIMOで培った技術を反映させた2輪車を発表致しました。

その名も ”HONDA Riding Assist”

BMWのデザインと比較すると、やや野暮ったい感は否めませんが、より現在のバイクに近い印象。

なによりもASHIMOの技術の賜物として、BMW動画で謳われていたバランスを保つ点。

HONDAでは実際の映像としてそれが見られる事が大きな違いです。

ライダーが居ても居なくても、車体自身が倒れないようにバランスをとっている画は興味深いものです。

 

 

まるでペットのように主人の後をついて来るシーンもコミカルですね。

未来のバイクには、この辺りの機能については確実に導入されて、

バイクは倒れない

事が前提条件になるのかも知れませんね?!

一方でいずれのバイクもここまでやってくれると、運動神経の鈍い人にとってはありがたい反面、根っからのバイク好きには物足りなさや味気無さを感じさせてしまうかも・・・と考えてしまうのは私だけでしょうか?

すそ野が広がるのは良い事ですが、愛好家を満足させ続ける事を忘れてしまっては、コアなファン層が離れていってしまいますので、重要なポイントとなりそう。。

コメントを残す