オートバイの未来はどうなるの? 【BMW編】

BMWが提案する未来のモーターサイクル

放置バイクの問題とは少し離れてしまう記事ですが、クルマの世界ではハイブリッドや、電気、クリーンディーゼル等々、メーカー各社が様々な開発に取り組んでおり、世界的に “脱・ガソリン” の動きが進んでいますね。

燃料だけの問題ではなく、操作(運転)面においても2020年の東京オリンピックでは、無人のバスが運航するという話も出ておりますし、将来的には人が運転すると罪に問われる時代が来るかも・・なんて妄想してしまいます。

さてそんなクルマを尻目に、自動二輪車、オートバイはどうなっているのでしょうか?

 

 

上記の動画はBMWがコンセプトバイクとして発表しているもの。

 

BMW100周年を記念して、近未来(2040年頃)のオートバイがコンセプトになっております。

但しあくまでも理論上の外見を形にしたもので、実際に市販される可能性は低そうです。

フレームが変形したり、自動的にバランスをとる事で絶対に転倒事故を起こさない、だからヘルメットも不要となる・・等々にわかに信じがたい内容となっています。

・・・といっても今から20年程度先の事なので、実際にどうなるのか気になりますね。

 

コメントを残す