全国での放置二輪車ワースト地区は? 

これぞ大阪名物?! 放置自転車の多さ=モラルの低さ

大変不名誉なタイトルですが、大阪市は20年もの長きにわたり放置2輪車の全国ワーストダントツ1位の揺るがぬチャンピオンだったのです。

 

同じ大阪人として、恥ずかしい限り。

「これだから大阪は、民度が低いんだよ・・」という全国の方々からの冷たい視線が痛い・・・。

人情深く、あけすけない大らかさと、ユーモアに溢れた魅力を持つ一方で、マナーやモラルに対してゆるい感覚だけは改めて教育を徹底していく必要があるでしょう。

 

しかしながらこの汚名を返上すべく、大阪市が取り組んできた結果、2013年ついにワースト1位からの脱却に成功しました。

一時は50,000台も超えた放置自転車は、2015年には10,000を割り、ワースト3位圏外となりました。

ちなみにワースト5位以内の常連である名古屋市は、2015年は未公表としている為、詳細はわかりませんが、減少成果が出せなかったのではないでしょうか?

またその規模などからも、東京がこの手のデータを公表しておらず、アンフェアであるとの声は多数あります。

どこもワースト地区のイメージを持たれるのを恐れているのでしょう。

その点において大阪は、潔く公表、認識を広める事で取り組みを強化して、改善を進めるというのは王道であると思いませんか?

 

コメントを残す